Año de la inversión para el desarrollo rural y la seguridad alimentaria

Version Bilingüe
64 Años: diario de Bandera de la Colectividad Nikkei

WYUA『若者の集い』発足 来年から毎年、各国で大会開催へ
2011年 ( 平成 22年) 10月 20日 | 4:53 PM
第5回世界のウチナーンチュ大会3日目の14日、県内含む世界9カ国から集った若い世代が、「若者ウ チナーンチュ連合会(ワールド・ユース・ウチナーンチュ・アソシエーション=WYUA)」を発足させた。WYUAは2015年予定の次回大会に向け、来年 のブラジルを皮切りに「若者ウチナーンチュ大会」を毎年、大陸ごとに開催することなど7項目の事業案を決めた。
第31回全国日本語弁論大会 最優秀賞に大城ナルミ
2011年 ( 平成 22年) 10月 19日 | 5:51 PM
第39回日本文化週間のトップを切って第31回全国日本語弁論大会(共催・ペルー日系人協会、ペルー日本語教師会)が十六日午後一時三十分、日秘文化会館大ホールで開かれ、男女計四十八人の弁士が参加、朗読・弁論、五つのカテゴリーに分かれて熱弁を競った結果、朗読の部ではケイ・コンノ・ハヤシダ(いちご文化協会)が一位、二位にはエリ・ヒガ・コバシガワ(ラ・ウニオン校)、三位にはアルベルト・キクシマ・タイラ(同)が入賞。注目の弁論の部ではF カテゴリーのナルミ・オグスク・ヒガ(ラ・ビクトリア校中三)が「歌との出会い」の演題で4分にわたり熱弁、一位入賞と最優秀賞に輝いた。最優秀賞のナルミさんは両親(父・フアン大城、母・エレナ比嘉さん)が群馬県に出稼ぎ中に生まれ、ペルーに帰国して十二年になるという。
ウチナーンチュ大会の話題 一一三歳の祖母と対面 米の仲村ゴース・カツコさん
2011年 ( 平成 22年) 10月 18日 | 5:17 PM
米国ユタ州から帰郷中の勝子ゴースさん(67)=旧姓仲村、沖縄市出身=が、2人の祖母と「対面」を 果たした。父方は長寿沖縄一で、高校卒業まで面倒を見てくれた仲村カメさん(113)。もう一人は、糸満市の平和の礎にことし新たに刻銘された久場ウトさ ん(享年43)だ。本土復帰の年に移住して39年。「1男1女、孫5人。私は毎日ハッピーです」。離れていても思い続ける大事な家族へ、そう近況を報告し た。(新垣綾子)
AELUCOOPグラウンド・ゴルフ 第1級フミ・タカエス、第2級 仲田南洲男がそれぞれ優勝
2011年 ( 平成 22年) 10月 17日 | 5:24 PM
AELUCOOP(ラ・ウニオン貯蓄協同組合)主催、創立31周年記念グラウンド・ゴルフ大会が12日、ラ・ウニオン運動場で第1級、第2級の2組に分けて行われ、31名の選手が参加、息詰まる熱戦のすえ、第1級はフミ・高江洲、第2級は仲田南洲男がそれぞれ優勝、大会杯を獲得した。
日系国会議員を招き表彰
2011年 ( 平成 22年) 10月 14日 | 6:56 PM
ペルー日系人協会(ルイス・ウエムラ会長)では先般のペルー大統領・国会議員総選挙で国会議員に当選した日系の国会議員らを日秘文化会館に招き、祝意を表し表彰するとともに今後の活躍を期待し激励した。
世界のウチナーンチュ 大会 故郷に錦・再会を喜ぶ
2011年 ( 平成 22年) 10月 14日 | 6:52 PM
第5回世界のウチナーンチュ大会(主催・同実行委員会)が13日開幕。大会には、23カ国・2地域から約5200人の県系人が参加。12日は那覇市の国際通りで前夜祭パレードがあり、約4500人がそれぞれの国や地域の民族衣装を着て、歌や踊りを交えて行進。沿道を埋めた県民含め総勢8万8千人(主催者発表)が互いに握手を交わしたり、抱き合ったりして再会を喜び、大会ムードを盛り上げた。
第31回全国日本語弁論大会
2011年 ( 平成 22年) 10月 13日 | 1:18 PM
日本語学習者の日ごろの学習成果の発表、日本語の普及向上を目指す第三十一回全国日本語弁論大会(共同主催=ペルー日系人協会・ペルー日本語教師会)の審査員会議が十日、日秘文化会館で開かれ、教師会の高橋アーナ会長から協力をを要請する挨拶のあと、議題の審議に移り、協議の結果、大会開催について要旨次のとおり決まった。
海外の功労者13人表彰 仲井真知事「140万県民の誇り」
2011年 ( 平成 22年) 10月 13日 | 1:14 PM
第5回世界のウチナーンチュ大会実行委員会は11日、県系人社会の発展に尽力した海外功労者13人を県庁で表彰した。仲井真弘多知事は「世界各地のさまざまな分野で活躍する県系人の皆さんは140万県民の誇りです」とたたえた。
第5回世界のウチナーンチュ大会 前夜祭パレード、華やか
2011年 ( 平成 22年) 10月 13日 | 1:12 PM
「第5回世界のウチナーンチュ大会」(主催・同実行委員会)の前夜祭パレードが12日午後4時から、 那覇市の国際通りで開かれ、5日間にわたる大会のスタートを華やかに彩る。世界各地にある69の県人会から総勢3800人が参加。民族衣装を身に着けた り、音楽や踊りを披露したりして、先祖の生まれ島に集う喜びを分かち合う。
和食のお弁当に舌つづみ 和歌山県人会、養老院を慰問
2011年 ( 平成 22年) 10月 10日 | 4:04 PM
ペルー和歌山県人会恒例の敬老・社会福祉事業の一環である養老院「デサンパラドス」慰問がこのほど行われ、幹部がそろって食料品、衛生・清掃用品などを養老院に寄贈、日系人のおじいちゃん、おばあちゃん12名には和食のお弁当を配り、「久しぶりの日本食、涙がでます」と心から噛み締めるように、何度も頭をさげながら舌つづみを打っていた。
「砂漠の一滴」・ペルー公演へ 牧千恵子、MIYACKが来秘 東日本大震災にも食料など支援
2011年 ( 平成 22年) 9月 27日 | 6:57 PM
日本の民間の音楽親善使節としてペルーの極貧の子どもたちに愛の音楽と食料品や衣類などを贈り続け、希望と勇気を与えているお馴染みの「砂漠の一滴」グループの牧千恵子さんとMIYACKさんが26日深夜、カヤオ国際空港に到着。休む暇もなく27日午前11時ごろ、マヌエル加藤神父の案内でペルー新報社を訪問、これまでのペルー公演に対する日系団体はじめ日系人有志、日系報道陣の支援に対し感謝の意を表した。
日系婦人会、新役員決まる 新会長にオルガ・オカさん
2011年 ( 平成 22年) 9月 27日 | 6:55 PM
|
ペルー日系婦人会の新役員(2011-2012)がこのほど、評議員会で選挙の結果、新会長にオルガ・オカ(岡)さん(得票数・105票、投票数111票)、副会長にカヨコ・カナシロさん(109票)、幹事長にスミコ・イシバシさん(108票)、会計にカルメン・ハヤシさん(106票)が当選、新役員が決まった。
ペルーの地震・津波に言及 海岸都市は常時、津波に警戒を
2011年 ( 平成 22年) 9月 27日 | 6:52 PM
首都リマ市でこのほど開かれた「地震津波予防対策国際会議」に出席のためペルーを訪問した千葉大学大学院の工学研究科・工学部教授の山崎文雄博士は会議後、記者団との会見で、東日本大震災の発生や大津波の被害などについて要旨次のように語り、ペルーでもカヤオ市ラ・プンタ区域など海岸都市は常時、万全の警戒・予防態勢が必要だと忠告した。
AELU「クラブ対抗歌のコンクール」 個人、15歳のナルミ大城さんに栄冠
2011年 ( 平成 22年) 9月 22日 | 6:19 PM
AELU(ラ・ウニオン運動場協会主催)の「2011クラブ対抗歌のコンクール」が17日、ラ・ウニオン運動場大ホールで行われ、一般・カテゴリー・リブレ級38人(9チーム、6クラブ・団体代表)が参加、自慢の美声を競った結果、団体ではクルブ「力」(ちから)チーム、個人・一般リブレ級では弱冠15歳のナルミ・オウグスク(大城)・ヒガ(比嘉)さんが優勝、大会杯に輝いた。
宮平・我如古両家・挙式の典 「新郎新婦・おめでとう」
2011年 ( 平成 22年) 9月 22日 | 6:17 PM
婚約中だった宮平家(サンティアゴ・ミヤヒラ、ノリコ・シマブクロさん夫妻)の令息イサムさんと我如古家(ホルヘ・ガニコ、アンヘリカ・ナカソネさん夫妻)の令嬢ロクサナさんは17日午後8時、パロキア・サンフェリペ・アポストル(サンイシドロ)で新婦の父ホルヘ・ガニコさん、新郎の母ノリコさん両人をパドリノスにめでたく結婚式をあげ、同10時、モリナ区のコンベンショネス・コンセッショネス・センターで披露宴が催された。新郎は三世、若手の弁護士として将来が嘱目されており、新婦も賢女として知られ、満場の招待客から「いつまでもお幸せに‐」と祝福を受けた。ちなみに、新郎の母、ノリコ・シマブクロさんは周知のとおり「レストラン・NORIKO」の女性調理師、経営主として知られ、当夜は多くの顧客の姿も見え、祝宴は深夜まで賑わった。写真は披露宴で新郎新婦。
一〇〇周年節目に新たな躍進を! 嵩原ルイス新会長が抱負 沖縄県人会新役員就任式
2011年 ( 平成 22年) 9月 20日 | 4:54 PM
|
定期総会で推薦のうえ満場一致で新会長に選ばれたルイス嵩原氏はじめ新役員(二〇一一‥二〇一三)の就任式が十五日、県人会館西銘順治大ホールで行われ、ペルー日系人協会、ペルー日系婦人会、ラ・ウニオン運動場協会、沖縄婦人会、各市町村人会など日系団体代表ら関係者多数が参加、新役員のスタートを祝い、激励した。
練習艦隊のコンサート大盛況! 日秘文化会館大ホール超満員    
2011年 ( 平成 22年) 9月 16日 | 4:26 PM
日本国練習艦隊音楽隊の特別コンサートが15日午後7時、日秘文化会館大ホールで開かれ、入場自由、日系人との交流をかねたコンサートとあって、超満員のお客さんで大盛況! 日本の懐かしいメロディーを聴こうと、年配の日系人はじめ多くの若いペルー人が詰めかけ、「ふるさと」「さくら さくら」、「なだ そうそう」など日本、沖縄の懐かしい曲やペルーの名曲がつぎつぎに披露され、会場は素晴らしい演奏と聴衆の嵐のような拍手で大いに盛り上がった。
ペルー日系人の活躍に敬意 大震災被害者支援に感謝
2011年 ( 平成 22年) 9月 16日 | 4:23 PM
ペル-に14日寄港した日本国練習艦隊の練習艦「かしま」(旗艦)、「あさぎり」、護衛艦「みねゆき」3隻の波止場での歓迎式のあと、大塚海夫練習艦隊司令官は福川正浩在ペルー特命全権大使とともに、旗艦「かしま」の公室において、ペルー新報など地元の記者団と会見。―流暢なスペイン語(NHK放送のスペイン語教室で習得)で練習艦隊の今回の要務、役割、沿革など説明したあと、先般の東日本大震災に際し、ペルー国から寄せられた人道愛あふれる支援、特に日系団体が中心となって在留同胞・日系人から集めた多額の義援金を日本大使館を通じて送られたことに言及し「日系人の皆様には、移民先駆者の戦前戦後の筆舌に尽くせぬ幾多の困難を乗り越えて、今日の隆盛を築かれたことを承っており、この機会に皆さんのたくましい活躍に敬意を表するとともに、大震災の心あたたまる御支援に対し深く感謝申し上げます」と、特に在留同胞・日系人に対し御礼の言葉を述べた。
日本の練習艦隊ペルー訪問 カヤオ港で盛大に歓迎式 日系代表ら六〇〇人超参加
2011年 ( 平成 22年) 9月 16日 | 1:32 PM
待ちに待った平成二十三年度・日本国練習艦隊の練習艦「かしま」(旗艦)、「あさぎり」、護衛艦「みねゆき」の三隻が既報のとおり14日午前九時十分、薄い朝霧の立ち込めるカヤオ港に日の丸と軍艦旗をなびかせながら堂々と勇姿を現した。
  • Mostrando 180-200 de 220 Noticias
  • Pagina
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • Inicio | Nosotros | Legal | Politica de privacidad | Redes de Conectividad | Infraestructura | Soporte Panel de control | Contactenos |
    Perú Shimpo. Copyright © 1997 - 2011
    Este sitio está protegido por las leyes internacionales de derechos de autor y marca registrada. Todos los derechos reservados.
    al usar este sitio web aceptas los terminos y condiciones a continuacion: se prohibe el uso y copia de informacion y lementos de nustro sitio web sin previo consentimiento , la territorialidad de jurisdicción a la Republica del Perú, para mas informacion vea : condiciones de uso