Año de la inversión para el desarrollo rural y la seguridad alimentaria

Version Bilingüe
64 Años: diario de Bandera de la Colectividad Nikkei

広島・長崎の原爆犠牲者を悼む
2012年 ( 平成 23年) 8月 9日 | 3:41 PM
|
8月6日・9日の広島・長崎原爆記念日にちなんで恒例のペルー広島県人会主催、ペルー日系人協会協賛の原爆死没者追悼法要(大城慈仙・曹洞宗ペルー国際布教師主導)が6日、日秘文化会館大ホールで営まれ、広島県人会、ペルー日系人協会はじめ日系各団体代表や日系人多数が参列、犠牲者の死を悼むとともに、平和の誓いを新たにした。
おきなわC が優勝に輝く
2012年 ( 平成 23年) 8月 7日 | 6:13 PM
|
ペルー日系婦人会主催、第23回県対抗ゲートボール大会が5日、ラ・ウニオン運動場GBコートで行われ、年齢40-97歳の男女選手約100人が参加、寒さにめげず5時間にわたる熱戦のすえ、おきなわCチームが優勝、日系婦人会杯に輝いた。2位AELU8、3位婦人会Cの順―。
ウマラ大統領、日系と共に独立祭祝う
2012年 ( 平成 23年) 7月 21日 | 5:25 PM
|
毎年7月末はペルー独立祭(28日)のシーズンー。全国の家庭、学校、公官庁などでペル-の国旗を掲げ「発展、躍進の誓いを」新たに、国民こぞってお祝いするならわしだが、ここペルー日系社会でも20日、日秘文化会館大ホールで日系人協会主催による独立記念祭のイベントが開かれ、政務多端のオヤンタ・ウマラ大統領はじめ福川大使夫妻、日系各団体代表ら関係者多数が参加、心からペルーの独立祭を慶祝するとともに日本とペルーの伝統的友好ムードを大いに盛り上げた。
日本政府の支援でペルー最新の身体障害者治療センターが完成
2012年 ( 平成 23年) 7月 19日 | 6:49 PM
日本政府が途上国開発援助(JICA)事業の一環としてリマ市チョリヨス区(タラパカ兵舎跡地)に建設中だったペルー最新の身体障害者治療センターの本拠「ドクトラ・アディリアナ・レバサ・フロレス」日秘友好施設がこのほど完成、その落成式が17日、オヤンタ・ウマラ大統領、日本政府代表福川正浩在ペルー特命全権大使、アルベルト・テハダ健康相、ダニエル・アブガタ・ペルー国会議長ら関係者多数の列席のもとに盛大に落成式が行われた。
福島県人会、父母謝恩会盛況!新会長にビクトル・佐藤さん
2012年 ( 平成 23年) 7月 19日 | 6:47 PM
|
ペルー福島県人会恒例の父母謝恩会が先週の日曜日、ミラフロレス区のレストランで開かれ、お父さん、お母さん、会員家族ら100人余が参加、高齢者表彰、豪華賞品の当たるビンゴ遊びなど、多彩なイベントで大いに賑わった。トルヒヨ市在住、福島の最高齢者トミ紺野さん(101歳)も家族連れで参加、「ますます長寿をー」と会場からお祝いの拍手を浴びた。
イサベル・コガさん 「 2012獣医」にリマ獣医学会、功績たたえ表彰状
2012年 ( 平成 23年) 7月 19日 | 6:43 PM
「ペルー獣医の日」にちなんで、リマ獣医学会では14日、恒例の「2012獣医」選考会を開いた。厳選の結果、日系の女性獣医・イサベル・コガ・ヤナギさんが「2012年度獣医」に輝いた。今回はコガさんのほか、ペルー国会副議長(アプラ党の第2次ガルシア政権の首相)エウデ・シモン氏も獣医出身として国政に尽くした功績により獣学会から表彰状を授与された。
テオドロ津覇、ミゲル城間、カルロス・アキノ3氏に日本外務大臣賞
2012年 ( 平成 23年) 7月 14日 | 5:45 PM
日本政府外務省は12日、日本とペルーの友好親善、文化交流、経済・技術協力などに貢献した日系人、テオドロ・津覇(元ペルー日系人協会長)、ミゲル・城間(カニエテ日系人協会長)、並びにペルー人のカルロス・アキノ・ロドリゲス(国立サンマルコス大学・日本・アジア専門経済学部教授・日本文部科学省招聘留学生会元会長)ら3氏に「2012年度・外務大臣賞」を授与する旨発表した。(註―3氏の学歴・職歴詳報は14日付き西語版に記載、記事輻輳のため日本語版は省略―)
日系3世の若い司祭誕生ヤマニハ神父、荘厳に就任式
2012年 ( 平成 23年) 7月 3日 | 5:38 PM
日系3世の若い司祭が誕生した。既報のとおりキリスティアン・ヤマニハ神父の就任式がこのほど、ヌエストラ・セニョラ・デ・ラ・レコンシリアション(カマチョ区域)で厳かにおこなわれ、日系神父の草分けで大先輩格のマヌエル加藤神父はじめヤマニハ(山入端)家の家族、親戚、友人ら多数が参列、前途有望視されている若い神父の門出を祝福した。
日本語教師会、創立35周年祝う
2012年 ( 平成 23年) 7月 3日 | 5:36 PM
今年6月10日で創立35周年を迎えたペルー日本語教師会ではこのほど、日秘文化会館で日本大使館、JICA、ペルー日系人協会日本語普及部など関係団体の代表者を招き、35周年記念式典を催した。
山口県人協会、父母謝恩会盛況!
2012年 ( 平成 23年) 7月 3日 | 5:34 PM
|
ペルー山口県人協会恒例の父母謝恩絵がこのほど開かれ、招待のお父さん、お母さん、会員ら合わせ約125人が参加、協会、婦人部、青年部が熱意を込めて作成した多彩なプログラムを繰り広げ、大いに謝恩会を盛り上げた。ペドロ・アリトミ会長、エリナ・フジイ青年部長らの感謝を込めた祝辞のあと、アンドレス・チバ君の父母たちを感動させる挨拶があり、大きな拍手が送られた。
第2次大戦の「人権侵害」謝罪ガルシア前大統領に感謝
2012年 ( 平成 23年) 6月 26日 | 7:26 PM
|
ペルーのアラン・ガルシア前大統領(アプラ党首)が任期末の二〇一一年六月十四日に行われた「日本・ペルー100周年記念病院」のイナグラション(落成式)のスピーチの中で、70年前の第2次大戦に触れ、「日本軍の第2次大戦勃発 (一九四一年十二月)による真珠湾襲撃後、米国の要請にもとづき当時のペルーの親米政権によって、子どもを含め約数千人のペルー在留日本人・日系人が何のいわれもなく次つぎと逮捕、不法に拘束され、米国の強制収用所に送り込まれた。その上、暴動事件で皆さんが汗水を流して築きあげた資産、会社や商店、農地などを略奪された。このような残酷な事態をペルー政府は長年にわたり見過ごしてきたが、人権尊重、民主国家の確立を国是とするペルー国にとって誠に恥ずべきことであり、本日ここにペルー政府、国民を代表して、日系人・在留邦人の人権と尊厳を踏みにじったゆゆしき事実についてお詫び申しあげます」と公式に謝罪したことは、ペルー新報でも写真入りでだいだい的に報じたことは読者の皆様も周知のとおり――。
宮里コーポレーションの支援で西語版発刊実現へ
2012年 ( 平成 23年) 6月 23日 | 5:49 PM
ペルーでも有力な日系企業(ガラス加工、アルミ工業関係)で知られる宮里コーポレーション(エンリケ・宮里社長)の支援で1974年、故ルイス・ツトム伊藤社長時代に発刊された『在ペル-邦人75年の歩み』(主として日本語、ごく1部西語)の西語翻訳版の発刊がきまり、このほど宮里コーポレーション社代表・エンリケ・ミヤサト社長と本社のマルティナ・ハセガワ・デ・イガラシ社長の間で協力協定の署名が行われた。署名には本社側からアルベルト・コハツ・ヨシダ専務、リカルド・ヒガ理事らが同伴した。
ペルー国会表彰の丸井、宮里両氏日系人協会が功績たたえ顕彰式
2012年 ( 平成 23年) 5月 22日 | 5:28 PM
|
ペルー日系人協会(アベル・フクモト会長)ではこのほど、「日秘友好の日」にちなんで、ペルー国会(日秘友好国会議員連盟)から野球などペルースポーツ界、ペルー商工業界の発展に貢献した功績で表彰されたヘラルド・丸井、エンリケ宮里両氏の顕彰式や名誉会長に就任した福川大使の認証式などをかねて、新しく設置された歴代会長の写真を飾る新ギャラリーのイナグラションを催した。
=ウマラ大統領の訪日写真集=
2012年 ( 平成 23年) 5月 12日 | 4:30 PM
[写真上]-8日、日本を訪問したオヤンタ・ウマラ大統領夫妻は既報のとおり9日、皇居・宮殿で天皇・皇后両陛下と会見されたが、陛下は皇太子時代に妃殿下とともに、日秘文化会館の落成式にご臨席のため1967年5月11日ペルーを訪問、12日行われた記念式典で当時のベラウンデ大統領夫妻とともにテープ・カットされたこともあって、日系・在留同胞の活躍ぶりなどに話がはずみ、非常に懐かしがられていたという。
ビクトル・ヤマモト医博を表彰
2012年 ( 平成 23年) 5月 4日 | 6:15 PM
ペルー国立医科大の名門で知られるカエタノ・エレディア大学ではこのほど、日系のビクトル・ヤマモト・ミヤカワ医学博士(高知県系2世・高知県人会長)の教授としての約30年にわたる若手医師の育成はじめ社会の医療分野、元ペルー健康大臣としての国民の健康、社会福祉分野での功績をたたえ表彰した。
日系担当司祭にルイス・ギボ神父
2012年 ( 平成 23年) 4月 25日 | 6:02 PM
約2ヵ年にわたり日系担当の司祭および司教代理をつとめてきたアルフォンソ・ギブ(儀武)神父が若手の司祭志望者の指導に当たるため転任することになり、このほどマヌエル加藤神父並びに後任の日系担当司祭に任命されたルイス・ギボ(儀保)神父の主導でアルフォンソ・ギブ神父を送るミサがパロキア・サンタ・マリア・マドレ・デ・ラ・イグレシアで行われ、アルフォンソ・ギブ神父を慕い、ラ・ウニオン学校の関係者、サン・フェリペ区域などの日系人や信者多数が参加、別れを惜しむとともに「前途に幸あれ!」と祈った。
うるま市郷友会の敬老会
2012年 ( 平成 23年) 4月 25日 | 5:57 PM
|
具志川市・与那城町・勝連町・石川市の4市町統合で新たに誕生した「うるま市郷友会」は発足いらい、スポーツなど団体活動に一段と活気を見せ、成果を挙げているが、このほど日秘文化会館大ホールで開かれた恒例の敬老会でも結束の勢いをみせ、優雅な琉球古典舞踊や民謡、沖縄音楽など舞台いっぱいに繰り広げ、じいちゃんやばあちゃんたちを大いに楽しませた。
沖縄婦人会、新任あいさつ
2012年 ( 平成 23年) 4月 25日 | 5:54 PM
|
ペルー沖縄婦人会の新役員(2012-2013)に選ばれたエレナ・イシマツ会長、トミ・カデナ副会長、ルス・イゲ幹事長、グラディス・トウヤマ会計ら新役員の一行はミエコ・モロミザト相談役(前会長)とともに20日正午ごろ、新任あいさつのためペルー新報社を訪問、アルフレド・カトウ社長、アルベルト・コハツ専務、ロベルト・ワタナベ会計ら役員らと挨拶を交わしたあと、『今期もヨロシク..』と、婦人会の活動に協力を要請した。
  • Mostrando 100-120 de 222 Noticias
  • Pagina
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • Inicio | Nosotros | Legal | Politica de privacidad | Redes de Conectividad | Soporte | Diseño de Páginas Web | Contactenos |
    Perú Shimpo. Copyright © 1997 - 2011
    Desarrollado por Diseño Web Perú S.A.C
    Este sitio está protegido por las leyes internacionales de derechos de autor y marca registrada. Todos los derechos reservados.
    al usar este sitio web aceptas los terminos y condiciones a continuacion: se prohibe el uso y copia de informacion y lementos de nustro sitio web sin previo consentimiento , la territorialidad de jurisdicción a la Republica del Perú, para mas informacion vea : condiciones de uso