Año de la inversión para el desarrollo rural y la seguridad alimentaria

Version Bilingüe
64 Años: diario de Bandera de la Colectividad Nikkei

Regresar
アラン・ガルシア元大統領が銃で自らの頭を撃ち自殺
2019年 ( 平成 30年) 4月 17日 | 8:03 PM
アラン・ガルシア元大統領が銃で自らの頭を撃ち自殺

17日午前10時、アラン・ガルシア元大統領がミラフローレス区に位置するカシミロ・ウヨア病院において、自ら頭を銃で撃ったことによる脳内出血及び心肺停止により亡くなった。

17日早朝、オデブレヒト社に関連する汚職の疑惑からペルー裁判所がアラン・ガルシア元大統領の予備的拘束を命じ、午前6時に検察官がペルー警察とともにアラン・ガルシア元大統領の自宅に向かい、逮捕のため立ち入った。検察官がガルシア元大統領と連絡をとり、その際にガルシア元大統領は検察官に「弁護士に連絡を取る」と伝え、その間にガルシア元大統領は部屋のドアを閉め、自ら頭を銃で撃ち自殺を図った。その後、ガルシア元大統領がミラフローレス区に位置するカシミロ・ウヨア病院に緊急搬送されたが、脳内出血及び心肺停止により69歳の生涯を閉じた。

アラン・ガルシア元大統領は1985年-1990年、2006年-2011年の二度大統領を務めた。検察庁はオデブレヒト社に関連する第二次ガルシア政権時の汚職の疑惑から、ガルシア元大統領に対する調査を進めていた。(RPP報道局)

第一次ガルシア政権時代の1989年には、日系人のペルーの発展に対する貢献を称え、日ペルー関係を強化する必要性に鑑み、4月3日を日秘友好の日とすることが大統領決議により制定された。

また、第二次ガルシア政権時代の2011年6月14日には、第二次世界大戦中にペルーにおいて行われた日本人・日系人に対する人権侵害について、勇気をもって公式に謝罪をした大統領でもあった。

Inicio | Nosotros | Legal | Politica de privacidad | Redes de Conectividad | Soporte | Diseño de Páginas Web | Contactenos |
Perú Shimpo. Copyright © 1997 - 2011
Desarrollado por Diseño Web Perú S.A.C
Este sitio está protegido por las leyes internacionales de derechos de autor y marca registrada. Todos los derechos reservados.
al usar este sitio web aceptas los terminos y condiciones a continuacion: se prohibe el uso y copia de informacion y lementos de nustro sitio web sin previo consentimiento , la territorialidad de jurisdicción a la Republica del Perú, para mas informacion vea : condiciones de uso