Año de la universalización de la salud

Version Bilingüe
70 Años: diario de Bandera de la Colectividad Nikkei

Regresar
山城晃ペルー沖縄県人会会長「法令に従いペルー沖縄県人会館を閉鎖している」
2020年 ( 令和 2 年 ) 4月 4日 | 5:20 PM
山城晃ペルー沖縄県人会会長「法令に従いペルー沖縄県人会館を閉鎖している」

山城晃ペルー沖縄県人会会長は、次のインタビューを通して、新型コロナウイルス感染拡大にともなうペルー沖縄県人会としての対応について回答した。

ペルー沖縄県人会の中で新型コロナウイルスに感染した方はいますかとの質問には「我々が行った調査では現在のところ、感染者がいるという情報はありません」と回答した。

また、ペルーでも、自宅での隔離が続いていますが、県人会の高齢者などで、この期間中を乗り切るのが厳しい状況にある方がいますかとの質問に、山城会長は「我々はペルー沖縄県人会の会員である高齢者の方々が、家族とともに他のペルー国民と同様、自宅隔離を完全に守っているのを知っています。我々は高齢者の方々に対して、より注意して、気を配っていかなければなりません」と強調した。

さらに、県人会としてこの自宅隔離の期間中、会員のために何か特別な支援などをしていますかとの質問に、山城会長は「2019年の沖縄県費留学生の安富祖アレハンドロさんが留学期間を終わったにもかかわらず、ペルーに帰国することができない状況にあり、在名古屋ペルー共和国総領事館や沖縄ペルー協会と連携しながら支援をしています。また、我々の年次計画に基づいて老人ホームに入所している沖縄県系の日系人を支援します。ペルーの日系社会の人たち全員に、現在の困難な状況にありますが、政府の指示に従うよう伝えています。国家緊急事態令に従い、現在はペルー沖縄県人会館を閉鎖しています。もし必要が生じたならば、ペルー沖縄県人会としてできる範囲で、新型コロナウイルスの問題を克服するための支援をしていきます」と説明した。

最後に、ペルー日系人協会として厳しい状況にある日系人に対して、何らかの支援をするべきだと思いますかとの質問に、山城会長は「ペルー日系人協会は、ペルー日系社会の中心となる団体として社会支援部を通して、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための国家緊急事態令の期間のみでなく、厳しい状況にある日系人に対して支援を一年を通して実施しています」と語った。

インタビュー:クリスティアン・ヒヤネ・イゼナ 日本語翻訳:都丸大輔

Inicio | Nosotros | Legal | Politica de privacidad | Redes de Conectividad | Soporte | Diseño de Páginas Web | Contactenos |
Perú Shimpo. Copyright © 1997 - 2011
Desarrollado por Diseño Web Perú S.A.C
Este sitio está protegido por las leyes internacionales de derechos de autor y marca registrada. Todos los derechos reservados.
al usar este sitio web aceptas los terminos y condiciones a continuacion: se prohibe el uso y copia de informacion y lementos de nustro sitio web sin previo consentimiento , la territorialidad de jurisdicción a la Republica del Perú, para mas informacion vea : condiciones de uso