Año de la universalización de la salud

Version Bilingüe
70 Años: diario de Bandera de la Colectividad Nikkei

Regresar
片山 和之ペルー駐箚日本国特命全権大使がペルー新報社の役員と会合
2021年 ( 令和 2 年 ) 2月 3日 | 1:10 PM
片山 和之ペルー駐箚日本国特命全権大使がペルー新報社の役員と会合

21日、片山和之ペルー駐箚日本国特命全権大使とペルー新報社の役員との会合が日秘文化会館において行われた。

片山大使は「2020年9月にペルー駐箚日本国特命全権大使として着任し、ペルー及びペルー文化について知るようになりました。日本とペルーの二国間における日系社会の役割は非常に重要です。」と強調した。

まず、片山大使は「新型コロナウイルスの世界的大流行の最中ではありますが、カラル遺跡やアレキパ市、クスコ市、マチュピチュ遺跡などを訪れることができ、ペルーの長い歴史と文化を感じることができました。また、日系人の皆さまのこれまでの働きがペルーとの絆を深めるための在ペルー日本大使館の仕事のベースとなっており、その多大な努力に感謝しております。」とコメントした。

また、片山大使は「日本人の中南米諸国、特にペルーへの関心が観光だけにとどまらず、商業の面でも戻ってくると良いと思います。外務省に入省してから今年で37年目になり、アメリカ合衆国、中国、マレーシア、ベルギーなどで外交官として務めてきましたが、今回が中南米諸国における初めての勤務となります。そのため、スペイン語を学び、ペルーに関しての本を100冊近く読みました。」と語った。

さらに、片山大使はペルー新報社の役員との会合を通して、1950年7月1日に創刊した日系社会を代表する新聞であるペルー新報の歴史とその役割についての説明を受けた。

なお、今回の会合には、片山 和之ペルー駐箚日本国特命全権大使、在ペルー日本大使館広報文化室の佐藤萌三等書記官、マルティナ五十嵐ペルー新報社社長、アルベルト小波津ペルー新報社専務が参加した。

 

Inicio | Nosotros | Legal | Politica de privacidad | Redes de Conectividad | Soporte | Diseño de Páginas Web | Contactenos |
Perú Shimpo. Copyright © 1997 - 2011
Desarrollado por Diseño Web Perú S.A.C
Este sitio está protegido por las leyes internacionales de derechos de autor y marca registrada. Todos los derechos reservados.
al usar este sitio web aceptas los terminos y condiciones a continuacion: se prohibe el uso y copia de informacion y lementos de nustro sitio web sin previo consentimiento , la territorialidad de jurisdicción a la Republica del Perú, para mas informacion vea : condiciones de uso